【レビュー】ケンペネEnglishで英語を習得した実践記録

英語が話せる人って、かっこいいですよね!外国人とスマートに会話ができたり、カフェで英語の本をペラペラ読んでたり。なんだか、人よりも何倍も人生を楽しんでいるような気さえします。

ところで英語がペラペラの人は、どうやって英語を学んでいるんでしょう。たとえば、外国人の友達がいたり、留学の経験があったりすると、英語の上達も早そうですよね。でも、外国人の友達なんてなかなかできないし、留学はなんだか勇気がいりそう…

そんな人におすすめなのが、英語教材を使った勉強法です。今はいろいろな英語教材が出回っていて、自分にあった英語教材を選ぶこともできますよ!私も英語を勉強したんですが、ピカイチで英語を上達させられた教材があります。それが、「ケンペネEnglish」です!

ただ、世の中には、見掛け倒しの英語教材が多いこともまた事実。そこで、実際にケンペネEnglishで英語が楽しくなったこの私が、口コミや実体験を交えて、ケンペネEnglishを詳しく説明していきます!これから英語を学ぼうと思っている人には、ぜひ読んでほしいと思いますよ!

ケンペネEnglishの公式サイトへ

私がケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)を選んだ理由

私がケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)を選んだ理由

私がケンペネEnglishを選んだ理由は、会社の先輩に勧められたからなんです。今は接客のお仕事をしているんですが、お店に外国人の方がいらっしゃるだけで、ガチガチに緊張しちゃって…それで、いつも先輩に「どうしたら外国人の方の前でも緊張しないでいられますかね?」って相談してたんです。

そしたらある日、先輩がとっておきの英語教材があると教えてくれました。その英語教材が、ケンペネEnglishだったんです!そこから半年もたたずに、私は英語が大好きになりました。

でも正直、そのとき自分でもいくつか英語教材を探してたんです。それでも、他の英語教材に目もくれずにケンペネEnglishを選びました。ケンペネEnglishには、今までの英語教材にはない魅力がたくさん詰まっていたからなんです!

机に向かわなくてよい

机に向かわなくてよい

ケンペネEnglishは、「eラーニング形式」の英語教材です。eラーニングというのは、インターネットを使って講義を受けたり、勉強をしたりできるっていう仕組みのこと。インターネット環境さえあれば、自分の歩幅で勉強を勧められます。

つまり、教科書を使って勉強をする必要はありません。スマホに送られてくる動画で、気軽にレッスンを受けられるんです。

私は、机に向かって勉強をするのがどうも苦手で…学生時代から、勉強ってあんまり好きじゃありませんでした。でも、ケンペネEnglishはスマホさえあれば、どこでだって勉強ができちゃうんです!それが、とっても魅力的でした。

新しく覚えなくてよい

新しく覚えなくてよい

英語を習得するっていうと、なんだか覚えることが多くて大変そうなイメージがありますよね。同じ単語にも違う意味があったり、同じアルファベットを使っているのに読み方が違ったり。だから、英語って嫌いだったんです(笑)

そんな私でも英語に慣れ親しむことができたのは、ケンペネEnglishに採用されている、全く新しい勉強法のおかげだと思います。ケンペネEnglishでは、実はそんなにたくさん覚えることはないんです。なぜなら、日本人でも知っている英単語を足がかりにして、そこから新しい知識を増やしていくという勉強法だから!

今までの英語教材って、なんだか分厚い教科書とか参考書を買い込んで、その上さらに分厚い辞書とにらめっこするイメージがありました。たしかにたくさん書いてくれているのはありがたいんだけど、この英語の言い回しは一体どこで使うの?みたいなことまで書いてあったり。でもケンペネEnglishは、英会話をする上でシンプルに必要なことを厳選して教えてくれます。

だから、新しく覚えなきゃいけないことはそんなにないんです。新しいことを勉強する上で、覚えることが少ないのはありがたいですよね。じゃあ具体的に何を教えてくれるのか、については後ほど詳しくお話しますよ!

1日20分だけでよい

1日20分だけでよい

驚かれるかもしれませんが、ケンペネEnglishのレッスンは、基本的には1日20分だけなんです!勉強嫌いな私が、「本格的に英語を勉強してみてもいいかな」と思った一番の理由は、この簡潔な勉強時間かもしれません。

英語を勉強するとなったら、何時間も机の前に座って、頭をフル回転させるイメージがありました。でもケンペネEnglishは、その時点で出来ることを少しずつ増やしていって、気がついたら「こんなにできてる!」って思わせてくれるんです。

もちろん、教えてもらうことが少ないから1日20分で終わるわけではありません。レッスンのたびに新しい「気づき」があって、力がついているんです。たとえるなら、ピンポイントで「ツボ」を押してもらっている感じですね。

勉強して疲れたな、と思う気持ちよりも、わかったときの快感とか達成感を強く感じられます。量より質、とはよく言いますが、それを実際に体現しているのがこのケンペネEnglishなんです。

気を張らなくてよい

気を張らなくてよい

気を張る必要がないのも、私がケンペネEnglishを選んだ大きな理由です。たとえば、英会話教室に通うとしますよね?そうすると、英語の先生と一対一で向き合って、なんだか緊張してしまいます。しかもお出かけするためにはメイクしたり服を選んだり…疲れが溜まった週末なんかは、出かけるまでになんだか疲れちゃうんです。

その点ケンペネEnglishなら、外に出る必要もなくて、メイクする必要だってありません。自分のペースで、無理なく進められます。どうしても具合が悪ければ、休んじゃったっていいんです。

ケンペネEnglishは、心の余裕を保ちながら、気軽にチャレンジするような気持ちで英語を学ぶことができます。嫌々勉強をしたって、長くは続きません。自分の中にある「英語を話したい」っていう気持ちを大事にしながら英語を学べるのは、精神衛生上もいいことですよね。

ケンペネEnglishの公式サイトへ

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)利用者の声

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)利用者の声

私が思うケンペネEnglishの良さをお伝えしてきましたが、どうしても私の主観が入ってしまった部分があると思うんです。せっかくこうしてご紹介しているので、いろいろな視点からの意見も重要なのはわかっています。そこで、私以外にもケンペネEnglishを利用したことがある人の意見もまとめてみました!お一人ずつ見ていきましょう。

利用者の声①

自営業を営んでいる、39歳男です。2年ほど前ですかね、仕事関連の買い付けのために、米国出張に行く機会がありました。その出張には通訳さんが付いてくれたのですが、自分の事業のことなのに全て通訳さんが説明しているようで、なんだか恥ずかしいと感じてしまったんです。せめて世界共通言語である英語ぐらいは、話せるようになりたい…なんとなく、そんなふうに思っていました。

そんなとき、娘にケンペネEnglishを勧められました。正直な話、はじめにケンペネEnglishの説明を聞いたときには、携帯電話(スマートフォン)で勉強ができるなんて、そんなはずはないと思っていたんです。私たちの世代は、勉強といえば一夜漬けで尻を椅子から離さないのが常識でしたから。

しかしいざはじめてみると、驚くほどわかりやすい講義が、まさかの携帯電話の中ではじまったんです。メモでも取ろうかと考えていたのを忘れてしまうほどに、講義の内容に熱中してしまいました。少しずつのレッスンでしたが、着実に英語がうまくなっていくのを実感したんです。

そして、つい先日また米国出張がありました。緊張しましたが、ある程度の会話は通訳さんがいなくても成り立ったんです。自分でもびっくりでしたよ。でも、一番驚いていたのは通訳さんでしたね。

とにかく、ケンペネEnglishは私の米国出張を、楽しい行事へと変えてくれました。感謝しています。

利用者の声②

観光地の土産物店で働く、30代の女です。私が勤めている地域には、国内外から多くの観光客の方がいらっしゃいます。うちの店が盛況するのはなによりも喜ばしいことなのですが、外国人のお客様に苦手意識がありました。

少しばかり日本語を話せる外国人の方もいらっしゃるのですが、大抵の方は日本語が話せません。店には英語を話せる担当者もいるのですが、シフト制ですから、担当者が休みになれば英語で話せる人間がいなくなってしまいます。せめて私も、簡単な英語くらいは話せるようになりたいと思い、出会ったのがケンペネEnglishでした。

口コミの評価も高く、勉強時間がいらず、覚えることも少ないとのこと。これならば、私にも出来るかも知れないと思い、早速ケンペネEnglishを始めてみました。思っていたよりも時間が取られなかったばかりか、ケンペネEnglishを進めるにつれて「英語の法則」のようなものもわかってきたように感じたのです。

しかも、講師の方々から直々に指導もいただけて、なんだか英語そのものが楽しくなってきました。ケンペネEnglishを修了する頃、気がつくと私は、外国人のお客様と談笑できるようになっていたんです。英語は苦手だと思っていたけれど…目からうろことは、まさにこのことでした。

利用者の声③

企業で管理職を務める45歳男です。かなり前のことになりますが、我が社は新進気鋭のベンチャー企業を買収したことに伴い、多くの外国人社員が増えました。中には日本語を話せない社員も多いばかりか、会社をグローバル化させるために、社内の公用語を「英語」にしようという動きまで出ていました。

正直に言って、私は英語がこの世のどんな勉強よりも苦手でした。理系一筋でやってきて、英会話スクールに至っては一度挫折しています。そんな私が上司から勧められたのが、このケンペネEnglishでした。

たしかに、場所を選ばず短い時間で英語を習得できるというケンペネEnglishのウリ文句には魅力を感じました。しかし、実際に英語を挫折した経験のある私からすれば、「英語はそんなに簡単ではなかろうに」という疑念があったのです。

半信半疑でしたが、そこまで言うならと、トレーニングジムのバイクを漕ぎながら動画を見てみました。すると、ケンペネEnglishが支持されている理由が一発で分かったのです。私が英会話スクールで習っていたような回りくどい表現は一切なく、まるで目の前のもやが晴れていくように感じました。

今では、英語しか話せない欧米人の部下とともに、ランチタイムに冗談を言い合えるまでになりました。今までの私ならば、考えられないことです。しかしケンペネEnglishには、挫折した人間を救済してくれるような、たしかな「モノ」があります。

利用者の声④

プログラマー職の、28歳の女性です。今は会社勤めをしていますが、35歳までにはフリーランスとして独立したいと考えています。具体的に言えば、日本よりも技術者の待遇が良いアメリカに渡り、ITの本場と言われるシリコンバレーで暮らしていきたいと思っています。

私自身、英語は嫌いではありません。どちらかといえば、英語には魅力を感じています。しかしながら、実際に外国人の方と話をするとなると、どうしても話せなくなってしまうのです。

理由は、英語の「リスニング」がうまくできないから。相手が話す英語が、自分の知っている英単語に結びつかないのです。しかし海外に住むためには、どうしても英語でコミュニケーションを取らなければいけません。

そんな私が選んだのは、ケンペネEnglishでした。友人から勧められて口コミを見てみたのですが、多くの方が絶賛しているように感じました。そして、一日短時間のレッスンで英語をマスターできるということにも魅力を感じたのです。

早速始めてみると、私が思っていたよりも簡潔で、とにかくシンプルなeラーニング形式の講義を受けられました。特に英語の発音について丁寧に詳しく教えてくれたのは、リスニングに苦手意識を持つ私にとって、非常にありがたいことでした。ケンペネEnglishのおかげで、プログラマーとしてのスキルを磨きつつ、さらに効率よく英語の勉強もできるようになったのです。

利用者の声を聞いて

ケンペネEnglishを使っているのは、やっぱり私だけではありませんでしたね。しかも、皆さんお仕事も環境もバラバラなのに、同じケンペネEnglishを使っていて驚きました。ケンペネEnglishの質の高い学習は、世間にもじわじわと浸透しているんですね。

ケンペネEnglishの公式サイトへ

内側を大公開!ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)実践記録

内側を大公開!ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)実践記録

ケンペネEnglishは、濃く短い授業内容が多くの支持を集めています。英語を学ぶなら、とにかくわかりやすいに越したことはありません!複雑であればあるほど、手を付ける気力がなくなってしまいますものね…

さて、ここまではケンペネEnglishを外側からご紹介してきましたが、今度は「内側」から紹介したいと思います!私が実際にケンペネEnglishをやってみて、感じたことを具体的にお伝えしますよ!これからケンペネEnglishをやってみようと思っている人は、ぜひ読んでみてくださいね!

実践記録①カタカナ英語習得

実践記録①カタカナ英語習得

ケンペネEnglishを始めると、早速カタカナ英語についてのレッスンを受けます。英単語の意味やスペルなど、丁寧に細かく指導してくれるんです!いきなり難しい英文が出てこないことで、「なんだか続けられそう!」っていう気持ちにさせてくれるんですよ!

もっと言えば、私はカタカナ英語のレッスンのときには、「英語を習得してるぞ!」っていう気持ちは忘れてました。興味があって話を聞いていたら、なんだか面白いと思うことばかりがでてきた、というイメージです。とにかく、新しい発見が多くて、わくわくしたように覚えていますよ!

実はケンペネEnglishでは、このカタカナ英語をとても大事にしています。というのも、私たちはもうすでに、2000語前後のカタカナ英語を知っているって言われているんです。しかも現代の日本の社会には、3万語にも及ぶ外来語が流通しています。

たとえば、「コーヒー」はアメリカから入ってきたカタカナ英語ですよね。でも、「コーヒーください」って店員さんに伝えるときに、英語を話している実感がある人はあまりいないでしょう。

ケンペネEnglishは、こういうカタカナ英語を“思い出す”ところから始めていきます。これをエアーアウトと言うんですが、このように身近に溶け込んでいる英語から着手していくので、抵抗も少ないんですね。

実践記録②単語の発音練習

実践記録②単語の発音練習

カタカナ英語のレッスンが終わったら、単語の発音を重点的にレッスンしてくれます。覚えた英単語を実際に発音するにはどうすればいいのかや、どうすればネイティブの発音に近づくのかを、丁寧に教えてくれるんです。

英単語は知っているけど、なかなかネイティブの人に伝わらない…そんな経験をしたことはありませんか?ちなみに私は、外国人のお客様に「0(ゼロ)」という言葉を伝えられずに焦ったことがあります。誰でも意味を知っている簡単な単語のはずなのに、発音が少し違うだけで全然伝わらないんです。

ケンペネEnglishでは、アルファベットの発音から学んで、レゴピースをつなぐように単語の発音することが可能になるんですね。実はこれは、本場アメリカでも採用されている「フォニックス系」の学習方法なんです。つまり、英単語の中にあるアルファベットの発音を「パターン化」するってことなんですね。

発音のパターンがわかるってことは、つまり初めて目にした英単語ですら、ネイティブのような発音で伝えられます!ケンペネEnglishを受けた私が最も感動したことの1つは、この発音のパターンの講義でした。

実践記録③例文を使った練習

実践記録③例文を使った練習

単語の発音練習までしたら、今度は文法を使ってのレクチャーが始まります!このあたりから、「英語を勉強している感」がもっと強くなるんです。

なぜならば、単語を並べて「意味のある文章」を学べるから。しかも、並べるのに重要な文法パターンはなんと「SVO文法の1つ」だけ!その1つの文法パターンを覚えたなら、あとは知っている単語を、シチュエーションに合わせて当てはめていけばいいんです。

本来ならば、英語を話すべき場面ごとに、文法の構成はたくさんありますよね。ケンペネEnglishは、そんな大量のパターンの最大公約数を見つけて指導してくれるんです。だからこそ、覚える文法パターンは「1つ」だけで、会話に必要な文章をどんどん作れるようになれるんですね。

実践記録④結論から話す練習

実践記録④結論から話す練習

例文を使った練習が終わると、最後に結論から話す練習をしていきます!なぜこれをするのかと言うと、日本人が、本当に言いたいことを最後に持ってくるような話し方で癖づいているからです。「仕事がいっぱいだ。だから忙しい」と、本当は忙しいことを伝えたいのに、仕事がたくさんあることから日本人は話しがちなんですね。

でもネイティブから言わせると、早く言いたいことを言ってよ!という感じなんです。実際、英語でも「今は忙しい。仕事がたくさんある」という順番になっています。こういう順番で話す方法をケンペネEnglishでは、チャンクトーク・積み木トークと呼んでいるんですが、これらが学べるのもケンペネEnglishの特徴だなって思いましたね。

実践記録⑤たくさんのシチュエーションを学べる

ケンペネEnglishでは、ここまで紹介してきたからまでの授業を3つの動画に分けて配信してくれます。それを事前に用意しているシチュエーションそれぞれに合わせて、繰り返し行ってくれるんです。道を聞いたり、レストランで注文をしたり、その英文を使う場面を想像できるようなシチュエーションが20個用意されていて、終わる頃にはもう怖いものなしと思いましたね。

今までならば、英会話の勉強と言うとどこから手を付けていいかわからなかったんですが…ケンペネEnglishの順序立てて教えてくれるレッスンは、とても親切だとも感じました。

実践記録⑥講師陣からのフィードバック

ケンペネEnglishは、基本的にはeラーニングのスタイルを取り入れた勉強法。でもそれだけでなく、手厚いフィードバックも付いているんですよ!毎回の動画で行った自分の発音を講師の先生に聞いてもらうことで、今どれくらいの習熟度なのかを自分で把握しながら進むことができます。プロに評価してもらえるのは、とてもいいですよね。

また、そればかりではありません。なんと、一通りのレッスンが終わったあとは、対面での面談レクチャーを受けることもできます!実際に講師の先生とともに復習することで、ひとりでは理解できなかったポイントも、しっかり理解することができるでしょう。対面レクチャーは2ヶ月に一度ですから、忘れた頃にきちんと復習できるんです。

ケンペネEnglishの公式サイトへ

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)をやってみて「ここがよかった」ポイント

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)をやってみて「ここがよかった」ポイント

ここまでのお話で、ケンペネEnglishには他の英語教材よりもシンプルで親切なところがたくさんある、ということをお伝えしてきました。手厚いフィードバックも魅力の1つですよね。

そこでここからは、ケンペネEnglishを実際に受けた私が、そのあとでしみじみ感じた「ここがよかった」というポイントを、ご紹介したいと思います!実際に自分がケンペネEnglishを受講しているような気持ちで読んでくれたら嬉しいです!

上達の実感が早い

上達の実感が早い

ケンペネEnglishをやってみて、真っ先に思ったのはまさに上達を実感できる、ということです。しかもゆっくりではなく、一日20分のレッスンで、知らなかったことがわかる過程がすごく楽しく感じました。まるで知恵の輪を解いているように、英語について多くの面から理解することができたんです。

これは、一度のレッスンがまとまっているからこそでしょう。だらだらと冗長なレッスンでは、せっかく理解したことを、レッスン中に忘れてしまうこともありますよね。

英単語の理由や、どうしてそうなっているのかを細かく教えてくれるからこそ、理解も早いのだと思います。詰め込むのではなく、ひとつひとつを手稲に扱ってくれるケンペネEnglishの強みですね。

フィードバックがきめ細やか

フィードバックがきめ細やか

ケンペネEnglishのフィードバックは、決して「おまけ」ではないんです!実を言うと、ケンペネEnglish自体がeラーニングの教材だから、フィードバックにはそれほど期待していなかったんです。でも、そんなことはありませんでした。

ケンペネEnglishのフィードバックでは、ひとりひとりに向き合って、的確なアドバイスをくれます。優秀な講師の先生も、英語初心者の目線に立って教えてくれていることが、とても嬉しかったです。懇切丁寧なフィードバックを受けられたおかげで、苦手だった単語の発音がみるみるうちに上達していきました。

無理なく続けられる

無理なく続けられる

ケンペネEnglishの一日20分のeラーニングは、好きなときに自分のペースで進めることができます。たしかに、毎日同じ時間に学習することで学習効率はあがりますが、忙しい人はそうも言っていられませんよね。

英会話教室や分厚い英語教材では、なかなか自分の好きな時間に、好きなペースで進めることは難しいでしょう。英会話教室に遅刻してしまったり、500ページ以上ある英語教材を2ページしか進められなければ、なんだかモチベーションが下がってしまいます。

しかしケンペネEnglishならば、本当に好きな時間に進められます。今のスマートフォンには画面を録画する機能もついていますから、たとえ圏外の場所でも、データ通信量が少なくなってしまっても、一度画面録画をしておけばどんな場所でも見返すことができます。ケンペネEnglishなら、このように勉強方法そのものを自分流にアレンジすることだって難しくないんです!

英語が楽しい

英語が楽しい

ケンペネEnglishをやってみて、なによりも実感したのは、やはり「英語が楽しい!」ということです。今まで、こんなに英語を楽しいと思ったことはありませんでした。それはきっと、嫌々英語に向き合っていたからなんです。

カタカナ英語という、誰にでも親しみのある部分からレッスンをしてくれるケンペネEnglishは、英語学習を「楽しいもの」に変えてくれます。本当は英語は誰でも話せるもので、尻込みする必要はない、ということを教えてくれるんです。こうして今日も英語が楽しいと感じられるのは、自由な方法で英語を学ばせてくれたケンペネEnglishのおかげだと言えるでしょう!

ケンペネEnglishの公式サイトへ

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)はこんな人におすすめ!

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)はこんな人におすすめ!

ケンペネEnglishは、誰にでもおすすめできる英語教材です。スマホさえあれば学習できるので、どんな人でもケンペネEnglishで英語を効率よく学ぶことができます。ただ、その中でも「特にこんな人におすすめしたい!」と私が強く思ったポイントを、ひとつずつお伝えしていきますね!

文系科目が苦手な人

ケンペネEnglishは、文系科目が苦手な人にもおすすめの英語教材です。この私も、文系科目よりは理系科目のほうが得意な人間でした。でもケンペネEnglishをやってみたら、それは「食わず嫌い」だってことがわかったんです!

なぜかというと、ケンペネEnglishは発音や文法など、パターンを理論立てて解説してくれます。だから、センスや向き不向きはあまり関係ないように感じたんです。レッスンをしっかり聞いておけば、文系科目を受け付けないという人でも、英語を理解できるでしょう。

もちろん、どっちも苦手っていう人もいると思います。ですが英語を学ぶ姿勢があれば、ケンペネEnglishは暖かく受け入れてくれますよ。だから、勇気を持ってチャレンジしてみてください!

休みが少ない人

仕事が忙しかったりプライベートが充実していたり、とにかくお休みが少ない人にこそ、ケンペネEnglishがおすすめです。空いた時間で学習ができるということは、本業に支障をきたすことなく勉強できるということ!仕事で疲れているときこそ、自分のペースで学習できることは本当にありがたいですよね。

また、ケンペネEnglishを学ぶために、家にいる必要はありません。普段のレッスンであれば、通勤時間中や休憩時間中に受講することができますからね!何事も体が資本ですから、少ない休みで無理をしがちな人にこそケンペネEnglishをおすすめします!

英語以外にも勉強することがある人

英語以外にも勉強することがあるという人にも、ケンペネEnglishはおすすめです!なにかと同時進行で英語を勉強している人は、英語学習にばかり時間をさいていられない、という場合もありますよね。英会話教室などに通うという選択肢ももちろんありですが、教室までの移動時間や、教室の時間割が最優先になってしまう可能性もあります。

他にも同時進行で勉強をするならば、英語学習の時間を最小限に抑えられるに越したことはありませんよね。他にも勉強したいことがあるならば、ケンペネEnglishでスキマ時間を生かして英語を学んでしまいましょう!

ケンペネEnglishの公式サイトへ

まとめ

まとめ

ケンペネEnglishは、どんな人でも無理なく英語を学べる素晴らしい英語学習教材です。英語が苦手なこの私でも、無理なく英語と親しむことができました。ケンペネEnglishに出会うまでは、外国人の方の前で緊張していましたが、今や率先して外国人の方とお話をしています!

たしかに、自分の母国語である日本語は、とても大切だと思います。しかし日本の魅力を海外の方に伝えたり、自分の言葉で表現するには、英語がとても役に立ちます。ケンペネEnglishを受講してみて、そのことを改めて感じました。

ケンペネEnglishの魅力はとてもひとことでは言えないんですが、とにかく親切で、学ぼうとしている人の気持ちに寄り添ってくれる英語教材だなと思いました。理系の私でも、今や英語を楽しめるまでになれたのは、ケンペネEnglishのおかげ。

今まで敬遠していた英語を読んだり書いたり話したりするのが、楽しくて仕方ないんです!一日20分だからスキマ時間で学べて、覚えることが少なくて、さらには丁寧なフィードバックまで受けられる。いいことずくめのケンペネEnglishで、楽しいイングリッシュライフを手に入れてください!

ケンペネEnglishの公式サイトへ